不安や迷いを解消するために重要な1つのことと改善法3選「著者;草薙龍瞬さん反応しない練習より」

不安、解消 幸せ

不安や迷いを解消するために重要な1つのことと改善法3選「著者;草薙龍瞬さん反応しない練習より」

生きていればこんな悩みが出てきますよね

・忙しくて余裕がない
・今の仕事に満足していない
・将来のことに対して漠然と不安を感じている
・人間関係でのストレスが消えない

出店:写真AC

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
そしてその悩みは一生付きまとうものだと、、、

しかしその悩みを解決する方法が本書には書かれています。

そのたった1つの重要なこととはズバリ「心の反応」なんです。

出来事は同じでも受け取る人によって反応が違うなんて話はよく耳にしますよね。

想像してみるとどうでしょうか?
動揺しない、落ち込まない、腹が立たない、プレッシャーを感じない、人前に出ても緊張しないし、過去を後悔しない。

そんな生き方ができればまさにそれは‘‘人生の救い‘‘ですよね。

ではそんな心の反応とうまく付き合うためにはどうすれば良いのか?
本書で不安を消すために大事な事3選をご紹介させていただきます。

悩みを解決する方法は以下3つです。

①悩みを理解する
②快を増やし、不快を減らす
③他人の目から「自由になる」

悩みを解消する
こちらのサイトをご覧になられているということは皆さまにも何かしらの悩みがあるのだと思います。

「仕事があいつのせいでうまくいかない」
「いつまでもトラウマに苦しんでいる」
「将来のことを考えると不安でたまらない」

このような悩みを解消する方法を結論から申し上げると、

人生には悩み、問題がつきものなのだとまずは理解をすること。

「受け入れる」のではなく、「ある」ものを「ある」と理解をすることです。

悩みや不安は2500年前のブッダがいた時代からどんな人にもあることなのです。

例えば私たちが今の仕事を続けていいのか不安になっているとしましょう。

まずは私たちはその不安にのまれるのではなく、あると理解をしてみましょう。そしてあると分かれば不安を抱えているのは人として自然だと理解ができるはずです。
理解をしたなら次にどのような行動を選択していくかを考えていきましょう。自分自身の正しい道を歩みだしていきましょう。

快を増やし、不快を減らす


快とは=喜びや楽しさを感じている状態
不快=怒りや恐れ、満たされなさや不安などを感じている状態

そして私たちが幸せになるためには快の反応を大切にすることです。不幸になりたくないのなら不快な反応をしないように努力をすることです。

私たちが快=幸せを感じるのはどんな時でしょうか?
美味しいごはんを食べているとき、快適な睡眠をとるとき、家族と楽しく過ごす、趣味や娯楽など五官の快楽を大切にする。以上のような「おいしい」「楽しい」「心地よい」という反応を、積極的に行おうと考えることになります。

欲求をエネルギーに変えて「快」を感じる生き方は合理的です。

承認欲も自分が快を感じるなら目指してもよいのです。

ただし少しでも不快=不安や怒り、恐怖などがあれば一度立ち止まりましょう。

私たちの快を追及していきましょう。

③他人の目から自由になる

「あの人にどうおもわれているだろう」と気になることは誰にでもありますよね。そのせいでいつもオドオド、びくびくして不安や緊張に襲われます。
そんなの気にせず自分らしい人生を送りたいですよね。ではそんな他人の目が気になるの正体とはいったい何なのでしょうか?
それは承認欲です。人には切っても切り離せないからこそ相手からどう思われているかに関心が向きやすいのだと思います。

ではそんな承認欲を消していくためにはどうするか?

承認欲で迷っているのは妄想が大半だということです。

・あの人に嫌われたらどうしよう
・評価されていないのではないか
・他人の目が恐ろしくてたまらない

すべて実際に言われたわけではないことがほとんどではないでしょうか。そうなると相手の事を過度に妄想しずぎているだけかもしれません。

そのような確かめようのないことに悩んでしまうのは時間の無駄だと意識する必要があるといえるでしょう。

私たちが意識することは「自分自身の人生の目的をはっきりさせることです

妄想ではなく私たちが成し遂げたい目標に向かって努力を続けていきましょう。

まとめ
・不安や悩みが起こる原因は心の反応だということ
・悩みを「ある」と理解してそれ以上は悩むことは無駄であるということ
・快を追及していきましょう
・他人の目は心が作り出した根拠に乏しい妄想なので、自分自身の人生に集中すること

心に振り回されず自分らしい人生を再考してまた歩みを進めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました